HOME > 長期給付 > 長期給付のあらまし

長期給付のあらまし


 共済組合が行う事業の一つに長期給付等事業があります。
 長期給付等事業は,組合員が退職したり,不幸にして障害の状態になった場合,あるいは死亡した場合において,年金又は手当金等の給付を行い,組合員や家族の生活を保障することを目的とした事業です。
 給付はその内容から,老齢給付(老齢厚生年金),障害給付(障害厚生年金,障害手当金(一時金))及び遺族給付(遺族厚生年金)の三つに分けることができます。
 なお,年金一元化後,従来の職域加算の廃止による退職等年金給付が,また,年金一元化前の組合員期間を有する者については,従来の職域加算額にあたる年金額が経過的職域加算額として支給されることとなります。
 長期給付等の決定や支給などの業務については,国家公務員共済組合連合会において行うこととなっています。
 また,このような共済組合の長期給付等のほかに,国民年金からの給付として,基礎年金(老齢基礎年金,障害基礎年金,遺族基礎年金)があります。