HOME > 福祉事業 > 貸付シミュレーション
貸付シミュレーション

このプログラムは,文部科学省共済組合の普通貸付,特別貸付,住宅貸付を利用した際の,月々のご弁済額とボーナス弁済額などをシミュレーションするものです。ここで計算されたものはあくまでも目安ですので,実際の金額については各支部窓口でご確認ください。
数字はすべて半角で入力してください。
1. 貸付の種類を選択してください。
一般 臨時に資金を必要とするとき,物資 物資を購入するとき,その他 本部長が特に必要と認めたとき
一般・物資,各々月収額の6倍以内
組合員又は被扶養者の入学又は修学に伴う費用を教育機関に支払うとき。(被扶養者以外の組合員の子を含むものとし,学校教育法に規定する小学校,中学校,高等学校,中等教育学校,特別支援学校,大学,高等専門学校,幼稚園,専修学校,各種学校及びこれに準ずる学校(修業年限が1年以上のものに限る。)並びにこれらの学校に準ずる外国の教育機関への支払いに要する費用を基準とする。)
月収額の14倍(1回の貸付は月収額の6倍以内)
組合員又は被扶養者が結婚するとき。(被扶養者以外の組合員の子を含むものとし,結婚に要する費用を基準とする。)
月収額の6倍
組合員又は被扶養者が医療を受けるとき。(被扶養者以外の組合員の配偶者,子,若しくは父母(配偶者の父母を含む)を含むものとし,その医療に要する費用を基準とする。)
月収額の12倍
組合員の被扶養者の葬祭を行うとき。(被扶養者以外の組合員の配偶者,子,若しくは父母(配偶者の父母も含む)を含むものとし,その葬儀に要する費用を基準とする。)
月収額の6倍
水震火災その他の非常災害を受けたとき。(組合員,被扶養者又は被扶養者以外の組合員の配偶者,子,若しくは父母(配偶者の父母を含む)が水震火災その他の非常災害により住居,家財に損害を受けたときに要する費用を基準とする。)
月収額の12倍
組合員が組合員又は被扶養者の居住する住宅(原則として床面積が280平方メートル以下のものに限ります。)を新築,増築,改築,移築,購入,借入れ若しくは修理し,又は住宅の敷地を購入,借入若しくは補修するのに資金を必要とする場合
組合員が住宅(原則として床面積が280平方メートル以下のものに限ります。)の新築又は購入をするのに資金を必要とする場合
2. 借入額を入力してください。
借入額
貸付限度額:
  • 月収額とは,俸給(俸給の調整額を含む),俸給の特別調整額,初任給調整手当,扶養手当,研究員調整手当及び地域手当の合算額です。
  • 普通(一般・物資),特別貸付の総枠としての限度額は月収額の20倍
  • すべての貸付け(普通・特別・住宅)の弁済月額(元金と利息の合計額)が俸給の100分の30を超えるときは,貸付けを行えません。

よろしければ次の3)の弁済方法へお進みください。

3. 弁済方法
弁済方法
借り入れ日
退職予定日
弁済期間
ボーナス弁済額
ボーナス時の弁済額を入力してください。

よろしければ次の4)の貸付内容の確認へお進みください。

4.貸付内容の確認
借入金額  
毎月分弁済額 (毎月分計: 円)
初回弁済額(毎月)  
期末分弁済額 (期末分計: 円)
初回弁済額(期末)  
支払回数 (期末回数: 回)
年利 %  
弁済方法

よろしければ「次へ」ボタンをクリックしてシミュレーション結果をご覧ください。